患者様の権利とお願い

ロイヤル・ワム・タウン
患者さまと私たちとの信頼関係を大切にし、患者さまが安心して治療に専念していただけるような環境を整えております。



患者の権利章典

1.患者は自己の尊厳を保障され、丁重なケアを受ける権利を有する
  • 患者はだれもが疾患・障害等により差別されることなく、尊厳ある適切な医療を受ける権利を有する
  • 患者はだれもが一人の人間として、その人格・価値観等を尊重される権利を有する


2.患者は生命・身体についての価値判断の最終決定に必要な情報を受ける権利を有する
  • 患者は自分の診断・治療・予後について新しい情報を十分に理解できる言葉で伝えられる権利を有する
  • 患者は自己の選択したケアにより、医学的にどういう結果になるかを知らされる権利を有する

  • 但し、これらを本人に説明することが適当でないと考えられる場合には、本人に代わる適当な人に伝えられねばならない


3.患者は自分のケアに関する全ての連絡や記録等が守秘される権利を有する
  • 患者は診療の過程で得られた個人情報が守られる権利を有する
  • ケアに直接関わる者以外へ意見を求める場合は秘密を守り慎重に行なわれなくてはならない


4.患者は病院がその能力の範囲において提供することのできるサービスを受ける権利を有する
  • 患者に当院で対応困難な症例が発生した場合、緊急度に応じ診察・サービス・他医への紹介が行なわれる権利を有する
  • 転医が医学的に必要な場合、なぜ転医が必要か、転医をしない場合どのような代案があるのかということについて説明を受ける権利を有する


5.患者は継続的で合理的なケアを受ける権利を有する
  • 退院後の継続的なケアについて、情報を得る権利を有する
  • 患者のケアに関し、他の医療・福祉施設とどのような関係を有しているかに関する情報を受け取る権利を有する


6.認知症患者、知的障害者、精神疾患を有している患者に関しては、自己の能力が許す最大の範囲内において病状説明が行なわれる権利を有する
  • 疾病、障害の特性上、患者本人に病状説明や治療計画を立てる過程に参加することが困難である場合は、本人に代わる適当な人が病状説明や治療計画を立てなくてはならない
  • 他、権利章典2に準ずる



平成の森・川島病院
k20170915-190
page-top